岩野喜久代随想集
『明星』以後の歌人たち
歌誌『浅間嶺』を中心に
著者名: 岩野喜久代〔著〕大東出版社編集部〔編〕
ISBN: 978-4-500-00759-2
判型: 4-6判
体裁: 並製・カバー装
頁数: 136
発行日: 2013年3月20日
在庫:
定価(8%税込): ¥1,728
送料: ¥300
   
↑こちらから各種オンライン書店にてご注文できます。
《内容紹介》
与謝野寛によって創刊され、晶子、白秋、啄木ら革新的な歌人たちが活躍した歌誌『明星』。その精神を受け継いだ歌誌『浅間嶺(あさまね)』があった。不遇な中にひたむきに歌い続けた西村一平・上代絲子、鮮烈な情念の歌を詠んだ牧尾優貴子ら『浅間嶺』で活躍した輝く歌人たちの生き方と作品を中心に、晶子の愛弟子であった著者が、詩歌のあるべき姿を模索する随想集。